« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »

映画 「バッテリー」

今日はレディースデーだったので、友達と観てきました。

面白かった!良かったです。
ちょっと、最後のほうは泣きそうになってしまいました。
そして観たあとは、なんか幸せな気分になりました(笑)。
巧もお母さんも、みんな、良かったねぇ、って。
たぶん、暗闇に紛れてニコニコしていたと思います、私。
よいねー。(←新しい担任の口癖)

キャストは、私は合っていたんじゃないかと思います。
(門脇と瑞垣は、どう頑張っても中3で私より年下とは思えなかったけど…)
巧は、微妙な表情が良かった。漫画の巧と、ちょっと似てるかも。
豪ちゃんは、こっちまでニコニコしちゃうような笑顔が良かったなぁ。
青波はかわいかったし、沢と東はいいコンビで楽しかった。
沢口は、+吉貞だったけど。
あと、何気お父さん、好きだな(笑)。笑うとこじゃないか。
そして浅野先生は、ハマり役でした。

約2時間の中でまとめると、どうしても削ったりしなきゃだけど、それも無理やり2時間の枠に詰め込んだ、という感じではなくて、原作の雰囲気を大事にして作ったんだろうなぁという印象でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本屋大賞発表!

第4回本屋大賞が発表されました!

大賞は、佐藤多佳子さんの『一瞬の風になれ』

これは私的に納得です。知り合いにすすめまくって、しかもすすめたみなさんから「良かった!」と言われていた作品。読んだあと、ものすごくテンションが上がってしまいます(苦笑)。すごく熱くなって、たくさんの人に読んでもらいたい!と思った作品でした。

インタビューでは、次回作はまた児童書に戻るとのこと。また一般向けとして10代の少年少女が主人公の短編も予定しているそうです。さらに、『一瞬の風になれ』の続編、新二と連が大学生になってからの物語は、佐藤さんがどうしても描きたくなったら描くかも、とのことでした。個人的に、描きたくてたまらない、という日が来ることを望みます。それもできるだけ早く(笑)。

本日は佐藤多佳子さん、本当におめでとうございました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月に読んだ本

有川浩:『図書館戦争』
重松清:『流星ワゴン』
宮本輝:『五千回の生死』
柴崎友香:『次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?』
綿矢りさ:『蹴りたい背中』
梶井基次郎:『檸檬』
瀬尾まいこ:『温室デイズ』
瀬尾まいこ:『図書館の神様』
森見登美彦:『【新釈】走れメロス』
吉本ばなな:『キッチン』
あさのあつこ:『バッテリー Ⅰ~Ⅴ』

3月は↑の、11作品15冊を読んだ。
有川さん重松さん柴崎さん綿矢さん梶井さん森見さん吉本さん、
と、ほとんどがはじめて読む作家さん。
とくに森見さんはお気に入りになりました。
他の作品も読みます!
図書館シリーズもハマりました。楽しい読書は良いですね。
少しは読書の幅が広がったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年6月 »