« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

「DIVE!!」、映画化

森絵都さんの『DIVE!!』が映画化される―。
しかもすでにキャストも決まりクランクインされている…。
今更…ってかんじで情報が遅いけど、びっくり。
このブログのアクセス履歴でもけっこう前から、“DIVE!! 映画”で検索している人がいたから薄々気付いてはいたけれど、こんなに話が進んでいたとは…。
日頃、映画化しないかなー、なんて思っていても、いざ映画化が決まると複雑なかんじ。
『死神の精度』然り、『重力ピエロ』然り、そして今回の『DIVE!!』然り。
このままいったら『一瞬の風になれ』も映画化か?ってくらいの勢いかしら。代々(というほどでもないけど)本屋大賞に輝いた作品はみんな映画化されてるし。
うーん、楽しみではあるけれど、やっぱり不安というか…。
どれも好きな作品だからこそ、複雑なかんじ。すげーな。(?)

気になるキャストは、『バッテリー』の巧役をやっていた林遣都くん以外、主役3人の中では知らないや。
年齢的にいくと林遣都くんが知季役なのかな?
あれー、彼、私と同い年だったと思うんだけど。まぁ、『バッテリー』では中一だったから、いいのかな。
巧と違い、知季は表情豊かで明るい子でありますように!(笑)

             * * *  

そういえば、昨日、姉貴が『一瞬の風になれ』を読み終わったらしい。
姉貴はけっこう涙腺がゆるいので、1巻の序章の部分からはやくも泣きそうだったとか(笑)。
「いちいち泣ける」と言っていました。
ハマり過ぎて大学に遅刻したり、図書館で号泣したり、かなりヒットだったそうで、にやり。
姉貴の読みかけから読み出して、うっかり私まで泣いていたり(笑)。
語り合える人が増えてうれしい♪

| | コメント (0) | トラックバック (1)

旅立ちの唄

Mr.Childrenの新曲、『旅立ちの唄』10/31に発売!!
カップリングの「羊、吠える」が、すごく気になる。タイトル的に、今までのミスチルにない感じ。どんなだろ。楽しみ!

『旅立ちの唄』

怖がらないで。 手当たり次第に 灯り点けなくても
いつか一人ぼっちの夜は明けてゆくよ
転んだ日は はるか遠く感じていた景色も
起き上がってよく見ると なんかたどり着けそうじゃん

君の大好きだった歌 街に流れる
それは偶然が僕にくれた
さりげない贈り物

旅立ちの唄 さぁどこへ行こう?
またどこかで出逢えるね
とりあえず「さようなら」
自分が誰だか分からなくなるとき 君に語りかけるよ
でも もし聞こえていたって 返事はいらないから・・・

大切なモノを失くして また手に入れて
そんな繰り返しのようでその度新しくて
「もうこれ以上 涙流したり笑いあったりできない」と言ってたって やっぱり人恋しくて

今が大好きだって躊躇などしないで言える
そんな風に日々を刻んでいこう
どんな場所にいても

はじまりを祝い 唄う最後の歌
僕は 今 手を振るよ
悲しみにさようなら
疲れ果てて足が止まるとき 少しだけ振り返ってよ
手の届かない場所で 背中を押してるから

旅立ちの唄 さぁどこへ行こう?
またどこかで出会えるね
とりあえず「さようなら」
自分が誰か忘れそうなとき ぼんやり思い出してよ
ほら 僕の体中 笑顔の君がいるから
背中を押してるから でも返事はいらないから

沁みますねぇ…。
手の届かない場所で背中押してくれるんだって…!(誰)
生で聴いたとき、ちょっと泣きそうになりました。てか泣いていたかも?
『旅立ちの唄』は、ライブで聴いたきりでうろ覚えながら、最近よく頭の中に流れてくる。
ライブの翌日はどんなメロディーだったか思い出せなかったのに、なぜか最近ふと(サビだけ)思い出せた。

はやく10月にならないかなぁ。
10日にはスピッツ、31日にはミスチル、と楽しみがたくさん。
ちなみに、我が姉妹の間では、私がスピッツ担当、姉貴がミスチル担当、という役割分担が決定いたしました(笑)。

           * * *

そういえば、今日はお母さんの、昨日は私の誕生日でした。
17歳になってしまった…。何となく、“16”っていう響きのほうが好きだったのにな。
年取ったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

泣けない。

最近ちょっと気になっていること。

何故か私、人前だと泣けないんですよねぇ。
この前、おじいちゃんおばあちゃんの家で『ALWAYS~3丁目の夕日~』を観たときも、必死で涙をこらえていた。
どうしてだろう?ずいぶん小さい頃から、家族の前でも泣いてない気がする。
ん?違うかな。人前で泣きはじめられない、というべきかも。
ひとりで本を読んで号泣して、泣きながら姉貴に「これ泣けます」報告しに行ったりはするけれど、家で家族と感動ものの映画を観ても、泣きたいのに何故か我慢してしまう。
ひとりっきりのときはくだらないことでけっこうすぐ泣くんだけどなぁ。
あぁ、自分、ダメな子だ…とか、私ひどいこと言っちゃったな…、とかいって凹んだり、悲しい夢を見て、内容は覚えていないのに泣きながら目覚めたり、小さい頃からトラウマ的な恐怖心のあるムーミンのモランを思い出して怖くて泣いたり…。
泣くとスッキリするというのもあって、割りと泣くほうだと自負(?)しているけれど、何故か人前では泣けない。
だから感動ものの映画とか、映画館以外でみんなで観るとつらい…。
何でだ?我慢してるのつらいのに。
あ、涙をこらえているかわりにか、ひっそりとものすごく鳥肌は立っているけれど、これは関係ないかな?
鼻をすする音がうるさいけれど、泣きたいときに思いっきり泣ける姉貴が少し、うらやましかったりもする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »