「GO」 金城一紀

GO
金城一紀さんの「GO」を読んだ。この人の文体もけっこう好き。「レヴォリューションNo.3」も「フライ,ダディ,フライ」も、どれもスピード感というか躍動感に溢れていて、で、芯の強い物語だと思った。あと、シリアスな社会問題が根底にあっても明るく、でも軽くならないようなところが好き。短いけれど、読み応えがある作品。

金城さんの作品に出てくる男の子たちはみんな、何かを越えようとしていて、そのがむしゃらな姿がとても恰好良い。

              ・

私の友達(というか同級生・・男の子なのであんまり仲良くない)にも、この主人公と同じような「在日」の韓国人がいた。その子とは小中一緒だったけれど、私も他の子もたぶん気付いていなかったと思う。私がそのことを知ったのは本人が言ったからだし。そのことを聞いたときは、単純にすごいと思った。言われるまで全然気付かなかったなぁ・・・って。あぁやっぱ日本と韓国って似てるんだなぁと思っただけだった。

その子は日本の義務教育を受けて、韓国語もしゃべれない。見た目も、生まれも育ちも日本だけど、国籍の上では「在日」の韓国人。そういうのって面倒臭いと思った。そんなつまらないものに縛られていたら窮屈だし、そんなことを気にすること自体馬鹿みたい。でも、そういうことを気にする人って意外と多いのかな。自分の知らない日本や、コリアンジャパニーズの実態がほんの少し、垣間見えたように思えた。日本にいて窮屈な思いをしている人は一体どれくらいいるんだろう?

読んだあと、スッキリした感じとともに何かズンと響いた。

            ・

Mr.Childrenの「youthful days」に出てくる二人が、杉原と桜井にだぶって見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)