「半落ち」 横山秀夫

半落ち  半落ち

「妻を殺しました」。現職警察官・梶聡一郎が、アルツハイマーを患う妻を殺害し自首してきた。動機も経過も素直に明かす梶だが、殺害から自首までの二日間の行動だけは頑として語ろうとしない。梶が完全に“落ち”ないのはなぜなのか、その胸に秘めている想いとは―。日本中が震えた、ベストセラー作家の代表作。

                 ・

こちらも「博士の愛した数式」同様、今さらな感じですが・・・。
そして別に寺尾聰のファンではありません(笑)。

ぐいぐい引っぱられるように一気読みした。
それぞれの視点がそれぞれの立場で1人の人物を映し、少しずつ真相が見えてくる。
その感じにすごいそそられた。
心理戦にもわくわくした。
ただ、この作品は真相に辿りつくまでが面白いかも。
展開が面白くて、どうして?真相は?と期待していたけど、最後のオチはちょっとインパクトに欠ける。

・・・若干うるうるしたけども(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)