「東亰異聞」 小野不由美

東亰異聞

帝都・東亰、その誕生から二十九年。夜が人のものであった時代は終わった。人を突き落とし全身火だるまで姿を消す火炎魔人。夜道で辻斬りの所業をはたらく闇御前。さらには人魂売りやら首遣いだの魑魅魍魎が跋扈する街・東亰。新聞記者の平河は、その奇怪な事件を追ううちに、鷹司公爵家のお家騒動に行き当たる…。人の心に巣くう闇を妖しく濃密に描いて、官能美漂わせる伝奇ミステリ。

              ・

小野不由美さんの作品の世界は私には合っているような気がする。今回は妖しくて不思議な物語。

火炎魔人と闇御前と、鷹司家の家督争いとの関係は面白かった。なるほど、という感じ。辻褄が合うって気持ち良いですね。だけど直と常は切ないです。

夢なのかうつつなのか、なんとなくわからないこの世界は不安で妖しくて、その世界に引きずり込まれてしまう。でも、火炎魔人と闇御前の正体と目的までは面白かったけれど、最後のオチはいまいち気に入らなかった。なんというか・・・、安易、みたいな。ほかになんかないのかなぁとそこはちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)