「海辺のカフカ」 村上春樹

img_9.jpg

“夏のバイブル”といわれる村上春樹さんの「海辺のカフカ」を読み終わりました。15歳でいるうちに読もう、と決めていた作品。

感想は・・・。難しい。いろんな意味で。これを読んでやっぱり思ったのは、村上春樹の作品は合う人と合わない人とがハッキリ分かれるんだろうなぁということ。そして私は残念ながら後者のようです。前に読んだ「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」よりは読みやすかったけれど、でも物語は抽象的で何が言いたいのかよく分からなくて困ってしまう。解けない問題があってなんだかスッキリしない。なのに模範解答もない、みたいな。なんだろう、ミステリーに慣れているからかな。伊坂幸太郎のような、パズルのピースがはまっていくように最後全てが繋がる、とか、そんなことを求めてしまうんだと思う。カフカ君とナカタさんが繋がっていろんなミステリーの謎が明らかになるんじゃないかと期待していたからなおのこと。

文体は詩のように綺麗で、図書館の様子だとかそのしんとした空気まで伝わってきそうで好き。だけどあの性的描写の多さはどうにかならないものかと思う。そういうシーンで一気にモチベーションが下がるというか、引いちゃうというか・・・。あんまり必要ないんじゃない?というようなところが多々あって、流れを乱しているようにしか思えなかった。

また時間を置いて読んでみたら印象も変わるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)