3月に読んだ本

有川浩:『図書館戦争』
重松清:『流星ワゴン』
宮本輝:『五千回の生死』
柴崎友香:『次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?』
綿矢りさ:『蹴りたい背中』
梶井基次郎:『檸檬』
瀬尾まいこ:『温室デイズ』
瀬尾まいこ:『図書館の神様』
森見登美彦:『【新釈】走れメロス』
吉本ばなな:『キッチン』
あさのあつこ:『バッテリー Ⅰ~Ⅴ』

3月は↑の、11作品15冊を読んだ。
有川さん重松さん柴崎さん綿矢さん梶井さん森見さん吉本さん、
と、ほとんどがはじめて読む作家さん。
とくに森見さんはお気に入りになりました。
他の作品も読みます!
図書館シリーズもハマりました。楽しい読書は良いですね。
少しは読書の幅が広がったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)